Saint-Véran
サン・ヴェラン

Appellation Village
Saint-Véran
サン・ヴェラン

ぶどう品種 :

シャルドネ


位置:ブルゴーニュ地方の南端、ボージョレ地方との境界線に接する畑で、栽培区域はサン・ヴェランの村郊外も含んでいます。歴史&伝統:自治体としてのサン・ヴェラン村にはSaint-Vérandと末尾にDがつきます。1971年にAOCに昇格したマコネ地区では一番新しいアペラシオンです。土壌:コート・ドールの石灰層の延長に当たるジュラ紀の石灰質で、シャルドネの栽培に最適とされています。

栽培

密植度:8500株/ha 剪定:ギュイヨ収量:意図的に収量を落とすことで、ぶどうは各テロワールの微妙なニュアンスを反映します。供給:継続・安定供給してもらっている契約農家からの収穫果と果汁(数年契約)

醸造

ぶどうにやさしくゆっくりと圧力をかけています。プレスの最後の果汁は使用していません。培養酵母も酵素も使用していません。

熟成

タンクにて6~8ヶ月ひとつひとつの樽をテイスティングして、全工程の作業を決定しています。テイスティング結果は、科学的に分析した結果を補完します。メゾンの全てのワインがそうであるように、このワインもテロワールの個性とヴィンテージの特徴の表現を最も大事にしています。

ヴェロニク・ボス=ドルーアンのテイスティングコメント

「楽しく爽快なワイン! グリーンがかった黄金色の外観はプイィ・フュッセに似ています。アロマはシャルドネが房についたままよく熟した状態、そして上品なムスクの香りもあります。飲み心地のよい丸みを帯びた味わいです。」

サービス

温度:12~13°C飲み頃:1~3年