Saint-Romain
サン・ロマン

Appellation Village
Saint-Romain
サン・ロマン

ぶどう品種 :

シャルドネ


位置:旧石器時代の遺跡で有名なこの村は、コート・ド・ボーヌ地区の他の村々とは少し離れた谷あいに位置します。ぶどう畑はこのうち石灰質の日当たりの抜群のいい斜面に広がっています。 歴史&伝統:標高400メートルのぶどう畑は、コートでも最も高地に当たります。 土壌:粘土石灰質

栽培

密植度:10000株/ha テロワールの特徴を最大限に吸い上げます。剪定:ギュイヨ収量:45hl/ha。意図的に収量を落とすことで、ぶどうは各テロワールの微妙なニュアンスを反映します。供給:契約農家からの収穫果とワイン。

醸造

ぶどうにやさしくゆっくりと圧力をかけています。プレスの最後の果汁は使用していません。白ワインは圧搾後、前清澄(澱下げ)をしてそのまま果汁を樽に入れて発酵させます。

熟成

タイプ:樽熟成で新樽率20%期間:6~8ヶ月ひとつひとつの樽をテイスティングして、全工程の作業を決定しています。テイスティング結果は、科学的に分析した結果を補完します。メゾンの全てのワインがそうであるように、このワインもテロワールの個性とヴィンテージの特徴の表現を最も大事にしています。

ヴェロニク・ボス=ドルーアンのテイスティングコメント

「テロワールに語らせたような村の特性が際立っているワイン。きれいな白金色の色調は、グリーンを帯びることもあります。スイカズラやミラベル(黄スモモ)のよく熟した非常に上品なアロマは、熟成するとハチミツやスパイス・パン(ブルゴーニュ名産のシナモンやハチミツの入ったパン)へと変化します。口当たりははつらつとした酸に清涼感を感じますが、口の中でやがて丸みを帯びて生きます。また「小石」を思わせるミネラルがサン・ロマンの特徴を物語っています。」

サービス

温度:13°C飲み頃:2~5年
Saint-Romain
Saint-Romain