Puligny-Montrachet Pucelles
ピュリニー・モンラッシェ ピュセル プルミエ・クリュ

Premier Cru
Puligny-Montrachet Pucelles
ピュリニー・モンラッシェ ピュセル プルミエ・クリュ

ぶどう品種 :

シャルドネ


位置:コート・ド・ボーヌ地区の中央部、偉大な白ワインの産地「コート・デ・ブラン」の一角をなすのが、このピュリニー・モンラッシェです。このピュセルはモンラッシェとバタール・モンラッシェの近くに位置し、コート・ド・ボーヌ地区の白のプルミエ・クリュでも特に高い評価を得ています。歴史&伝統:中世、ピュリニーの領主が長男に「シュバリエ」を娘たちには「ピュセル」と「バタール」を分け与えたと伝えられています。 土壌:オークルの土と小石が混じった石灰質土壌

栽培

密植度:10000株/ha テロワールの特徴を最大限に吸い上げます。剪定:ギュイヨ収量:49hl/ha。意図的に収量を落とすことで、ぶどうは各テロワールの微妙なニュアンスを反映します。供給:契約農家からの収穫果と果汁

醸造

ぶどうにやさしくゆっくりと圧力をかけています。プレスの最後の果汁は使用していません。白ワインは圧搾後、前清澄(澱下げ)をしてそのまま果汁を樽に入れて発酵させます。

熟成

タイプ:樽熟成で新樽率25%期間:12~15ヶ月ひとつひとつの樽をテイスティングして、全工程の作業を決定しています。テイスティング結果は、科学的に分析した結果を補完します。メゾンの全てのワインがそうであるように、このワインもテロワールの個性とヴィンテージの特徴の表現を最も大事にしています。

ヴェロニク・ボス=ドルーアンのテイスティングコメント

「ピュセルの色調は美しい淡い黄金色で、アロマには上品な菩提樹の花やパティスリー(バターを効かせたお菓子)、レモンの砂糖煮の皮やアーモンド・ペーストを感じます。年を重ねて熟成すると香りはより上品になり、炒ったナッツや乾パン、ハチミツのビスケット、シロップが出ています。味わいはフィネスがあって魅惑的。清涼感とシルクのようなテクスチャーは交じり合って長く余韻が続きます。」

サービス

温度:13°C飲み頃:8~20年
Puligny-Montrachet Premier Cru Pucelles
Puligny-Montrachet Premier Cru Pucelles