Puligny-Montrachet Folatières
ピュリニー・モンラッシェ フォラティエール

Premier Cru
Puligny-Montrachet Folatières
ピュリニー・モンラッシェ フォラティエール

ぶどう品種 :

シャルドネ


位置:コート・ド・ボーヌ地区の中央部、偉大な白ワインの産地「コート・デ・ブラン」の一角をなすのが、このピュリニー・モンラッシェです。なかでもこのフォラティエールはもっとも有名な畑の一つで、村の中央部の斜面中腹に位置しています。歴史&伝統:「レ・フォラティエール」の名前の由来は「feu follet(セントエルモの火)」だとも夜の帳が下りるときに森の精が集うからとも言われています。 土壌:オークルの土と小石が混じった石灰質土壌

栽培

密植度:10000株/ha テロワールの特徴を最大限に吸い上げます。剪定:ギュイヨ収量:49hl/ha。意図的に収量を落とすことで、ぶどうは各テロワールの微妙なニュアンスを反映します。供給:契約農家からの収穫果と果汁

醸造

ぶどうにやさしくゆっくりと圧力をかけています。プレスの最後の果汁は使用していません。白ワインは圧搾後、前清澄(澱下げ)をしてそのまま果汁を樽に入れて発酵させます。

熟成

タイプ:樽熟成で新樽率25%期間:12ヶ月ひとつひとつの樽をテイスティングして、全工程の作業を決定しています。テイスティング結果は、科学的に分析した結果を補完します。メゾンの全てのワインがそうであるように、このワインもテロワールの個性とヴィンテージの特徴の表現を最も大事にしています。

ヴェロニク・ボス=ドルーアンのテイスティングコメント

「美しいハーモニー、高貴なワイン。色調は輝く黄金色でピュリニー・モンラッシェらしい複雑なアロマが香ります。若いうちに感じるハチミツ、西洋サンザシ、生のアーモンドの香りは熟成するにつれ、軽く炒ったナッツやスパイスへと変わります。味わいは清涼感と甘みのバランスが取れ、タンニンがストラクチャーに立体感を与えています。余韻の長さは格別で、フィネスと花の香りが持続します。」

サービス

温度:13°C飲み頃:5~25年
Puligny-Montrachet Premier Cru Folatières
Puligny-Montrachet Premier Cru Folatières