Meursault
ムルソー

Appellation Village
Meursault
ムルソー

ぶどう品種 :

シャルドネ


位置:ボーヌ市から南へ数キロ、著名な白の産地「コート・デ・ブラン」の一角をなす村です。歴史&伝統:ブルゴーニュでもっとも古い歴史を誇る村で、ガリア人(紀元前500年)やローマ人より早い新石器時代(紀元前2500年)に「モン・ミラン」が現在の村の大部分を築きました。この遺跡はガロ=ロマン時代に築かれた集落に取って代わられ、村の名前も当時の名前「Muris Saltus」にちなんでつけられています。土壌:集落周辺の表土が深く色の濃い土壌、斜面中腹の軽く色も薄い土壌、そして斜面上部のほとんど白色に近く非常に小石の多い土壌など、タイプは多様です。

栽培

密植度:10000株/ha テロワールの特徴を最大限に吸い上げます。剪定:ギュイヨ収量:49hl/ha。意図的に収量を落とすことで、ぶどうは各テロワールの微妙なニュアンスを反映します。供給:契約農家からの収穫果と果汁

醸造

ぶどうにやさしくゆっくりと圧力をかけています。プレスの最後の果汁は使用していません。白ワインは圧搾後、前清澄(澱下げ)をしてそのまま果汁を樽に入れて発酵させます。

熟成

タイプ:樽熟成で新樽率25%期間:12ヶ月ひとつひとつの樽をテイスティングして、全工程の作業を決定しています。テイスティング結果は、科学的に分析した結果を補完します。メゾンの全てのワインがそうであるように、このワインもテロワールの個性とヴィンテージの特徴の表現を最も大事にしています。

ヴェロニク・ボス=ドルーアンのテイスティングコメント

「洗練された味わいで世界中から高く評価されているワイン。美しい黄金色の色調、香りも豊かです。ハチミツ、菩提樹の花、焦がしバター、時にはカモミールやボタンのアロマが出ることも。味わいは滑らかな丸みを帯び、黄スモモとパン・デピス(スパイスの効いたパン)の香りがとても長く余韻に残ります。」

サービス

温度:13°C飲み頃:4~15年
Meursault
Meursault