Gevrey-Chambertin
ジュヴレ・シャンベルタン

Appellation Village
Gevrey-Chambertin
ジュヴレ・シャンベルタン

ぶどう品種 :

ピノ・ノワール


位置:コート・ド・ニュイ地区の北部に位置するこの村は、9つの伝説的なグラン・クリュだけではなく、村名アペラシオンも素晴らしいワインを産出します。歴史&伝統:西暦630年、コート・ド・ニュイのベルタン氏が近隣の修道士を真似てピノ・ノワールを植えました。そこからできたワインは素晴らしい出来となり、「ベルタンさんの畑(フランス語でシャン)」がそのままこの畑の名前となったのです。土壌:赤茶色の土壌は地味に乏しく、薄い

栽培

密植度:10000本/ha テロワールの特徴を最大限に吸い上げます。剪定:ギュイヨ収量:44 hl/ha。意図的に収量を落とすことで、ぶどうは各テロワールの微妙なニュアンスを反映します。供給:契約農家からの収穫果とワイン。

醸造

- トータル2~3週間のかもし発酵- 天然酵母- かもし及び発酵時の温度を管理ジョゼフ・ドルーアンは色と要素の抽出過程をトータルな目で調整できるよう努めていますが、同時に抽出によってフィネスと特性を損なわないように細心の注意を払っています。

熟成

タイプ:新樽率20%期間:14~18ヶ月樽材:フランスの老樹乾燥:メゾンの完全管理下で3年乾かすことで、エレガントなワインに仕上がります。ひとつひとつの樽をテイスティングして、全工程の作業を決定しています。テイスティング結果は、科学的に分析した結果を補完します。メゾンの全てのワインがそうであるように、このワインもテロワールの個性とヴィンテージの特徴の表現を最も大事にしています。

ヴェロニク・ボス=ドルーアンのテイスティングコメント

「美しく鮮やかなルビー色、透明感がありよく色が出て輝きがあります。アロマは強く、果実のほか、このアペラシオン特有のブラック・チェリー、野生の桑の実、かすかにカンゾウが香り、樽香も繊細にワインに溶けています。瓶熟を経ると、香りは複雑味を増しスパイスやナツメグ、革、キノコに土のニュアンスが顔を出します。タンニンは邪魔をすしたり収斂性を帯びることなく、清涼感と厚みとともにハーモニーを奏でています。アフターに、最初に鼻で感じた果実味が戻ってきます。」

サービス

温度:16°C飲み頃:5~20年
Gevrey-Chambertin
Gevrey-Chambertin