Beaune Epenotes
ボーヌ・エプノット プルミエ・クリュ

Premier Cru
Beaune Epenotes
ボーヌ・エプノット プルミエ・クリュ

ぶどう品種 :

ピノ・ノワール


位置:ボーヌの最南端、ポマールとの境界線ちかく歴史&伝統:ボーヌでは、既にガリア時代にはぶどうが栽培されていたと思われます。ローマ人が石垣と小道で画定した「クリマ」はその姿を現代に伝えています。この畑は「茨と茨の木立が生えていた場所」が名前の由来になっています。土壌:オークル色の土と小石の混じった土壌所有畑:0.91ha平均樹齢:25年

栽培

1990年からオーガニック栽培を、その数年後にはビオディナミを始めました。:自社畑から優れた枝を選んで自社で接ぎ木にしているほか、品質の優れたクローンも使用しています。土壌育成:堆肥と白木、時には海鳥糞肥料を栄養分として土に与えています。除草剤は使わず、トラクターあるいは馬で鋤き入れをしています。農薬散布:ハーブティ(煎じた植物)やボルドー液(硫黄と銅)、粉末にした岩石など有機栽培で認可された薬剤しか使用していません。密植度:10000~12500本/ha より深くテロワールを反映させ、また株ごとの生産量を抑えています。剪定:ギュイヨ収量:以前のAOCベース量か、もしくは現AOC規定量から20%減

醸造

収穫:収穫果を完全な状態で搬入するために、手摘みしたぶどうは水切り穴を開けた小ささなプラスチックに入れています。選果:畑で手摘みするとき、必要に応じて発酵所でも。浸漬:- トータル2~3週間のかもし発酵- 天然酵母- かもし及び発酵時の温度を管理ジョゼフ・ドルーアンは色と要素の抽出プロセスをトータルで調整できるよう努めていますが、同時に抽出でフィネスと特性を殺さないように細心の注意を払っています。

熟成

タイプ:新樽率20%期間:14~18ヶ月樽材:フランスの老樹、とくにトロンセ産乾燥:メゾンの完全管理下で3年乾かしています。ひとつひとつの樽をテイスティングして、全工程の作業を決定しています。テイスティング結果は、科学的に分析した結果を補完します。メゾンの全てのワインがそうであるように、このワインもテロワールの個性とヴィンテージの特徴の表現を最も大事にしています。

ヴェロニク・ボス=ドルーアンのテイスティングコメント

「ボーヌのプルミエ・クリュとしては、色が濃くルビー色が深いのがレプノットの特徴。若いうちはブルゴーニュのカシスとわずかにサクランボが香ります。熟成すると強さはそのままに、スパイスとバルサム性の香りへと変化していきます。梁が張っていますが上品で硬くなく、しかも長く熟成します。アフターにはよく熟したサクランボが残ります。」

サービス

温度:16°C飲み頃:8~20年
Beaune Premier Cru Epenotes
Beaune Premier Cru Epenotes