Beaune Clos des Mouches
クロ・デ・ムーシュ プルミエ・クリュ

Premier Cru
Beaune Clos des Mouches
クロ・デ・ムーシュ プルミエ・クリュ

ぶどう品種 :

ピノ・ノワール


位置:ポマールと接するAOCボーヌの最南端、東南東を向いた緩やかな斜面の中腹に畑は広がっています。ジョゼフ・ドルーアンは14ヘクタールのこの畑の最大所有者で、赤と白を半分ずつ栽培しています。歴史&伝統:日当たりがよいことから昔ここでミツバチが養蜂されていました。畑の名前ムーシュは、このミツバチ(古いフランス語で蜂蜜のハエ)が由来になっています。1920年代、先々代社長のモーリス・ドルーアン(創業者の息子)がごく初期に取得した畑のひとつで、 8人の所有者から合計41区画を買い取ったものです。赤白半分ずつ生産されるワインは、メゾンを代表するワインの一つでもあります。土壌:粘土と石灰質。斜面上部:石が多い。斜面中央:泥灰石灰質の母岩に軽い表土で、ワインはフィネスが強くなります。 所有面積:6.75ヘクタール平均樹齢:39年

栽培

1990年からオーガニック栽培を、その数年後にはビオディナミを始めました。:自社畑から優れた枝を選んで自社で接ぎ木にしているほか、品質の優れたクローンも使用しています。土壌育成:堆肥と白木、時には海鳥糞肥料を栄養分として土に与えています。除草剤は使わず、トラクターあるいは馬で鋤き入れをしています。農薬散布:ハーブティ(煎じた植物)やボルドー液(硫黄と銅)、粉末にした岩石など有機栽培で認可された薬剤しか使用していません。密植度:10000~12500本/ha より深くテロワールを反映させ、また株ごとの生産量を抑えています。剪定:ギュイヨ収量:以前のAOCベース量か、もしくは現AOC規定量から20%減

醸造

収穫:収穫果を完全な状態で搬入するために、手摘みしたぶどうは水切り穴を開けた小さなプラスチックに入れています。選果:畑で手摘みするときと発酵所でと2回選果しています。浸漬:- トータル2~3週間のかもし発酵- 天然酵母- かもし及び発酵時の温度を管理ジョゼフ・ドルーアンは色と要素の抽出プロセスをトータルで調整できるよう努めていますが、同時に抽出でフィネスと特性を殺さないように細心の注意を払っています。

熟成

タイプ:新樽率20%期間:14~18ヶ月樽材:フランスの老樹、とくにトロンセ産乾燥:メゾンの完全管理下で3年乾かしています。ひとつひとつの樽をテイスティングして、全工程の作業を決定しています。テイスティング結果は、科学的に分析した結果を補完します。メゾンの全てのワインがそうであるように、このワインもテロワールの個性とヴィンテージの特徴の表現を最も大事にしています。

ヴェロニク・ボス=ドルーアンのテイスティングコメント

「類まれなワイン。色調は深いルビー色で偉大なブルゴーニュ・ワインらしい輝きに満ちています。まだ若いうちの香りは強く新鮮で、桑の実やグリオット、フランボワーズなどの赤い果実が強く出ますが、燻製やカンゾウなど複雑な要素もあります。熟成を経ると、小粒のコショウやタバコ、腐葉土や森の下草など、とても品のよいブーケへと変化します。口に含んだ瞬間は素直で肉厚。硬すぎない引き締まり、重すぎない緻密な味わいです。若いうちは特に清涼感を感じます。熟成後は柔らかく、そして厚みと立体感を増し、タンニンがもたらすテクスチャーもシルクのように滑らか。生き生きとしていながら非常に高貴。豊満さとバランス、上品なタンニンが特徴のワインです。」

サービス

温度:16°C飲み頃:5~40年
Beaune Clos des Mouches Premier Cru rouge
Beaune Clos des Mouches Premier Cru rouge